• 特殊合金
  • 電子部品
  • メディカルデバイス
  • 各種設備機械
  • マリンレジャー・外装品
  • マリンレジャー・内装品
  • マリンレジャー・救命用品
  • フードプリンター
  • 脱臭装置・消臭剤

メディカルデバイス

ニッケルチタンワイヤー  形状記憶線(Ni-Ti合金 ・ ニチノール)

ニッケルチタンワイヤー  形状記憶線(Ni-Ti合金 ・ ニチノール)

ニッケル・チタン合金線(通称:ニチノール)を製造しております。

ニッケルチタンの取扱い種類熱処理を要する冷間加工品、直進処理を行った超弾性線の2種類がございます。

超弾性グレード       AF点
ニッケルチタン# 1     +10℃ - +18℃
ニッケルチタン# 2      0℃ - +18℃
ニッケルチタン# 4    +14℃ - +22℃
ニッケルチタン# 9      0℃以下

形状記憶グレード      AF点
ニッケルチタン# 5        - +85℃
ニッケルチタン# 6     +40℃ - +80℃
ニッケルチタン# 8     +22℃ - +40℃

*ASTM F2063準拠 (ニッケルチタン# 2を除く)
ニッケルチタン形状製品形状
ワイヤー(線): 0.0127mm~6.35mm
リボン線:厚み 0.0076mm~・ 幅:最大2.5mm
*通常の丸線以外に異形線加工も可能です。
後工程での加工を省く事ができます。

DFT(複合線)
芯線にX線不透過性のPt(Pt Cored)やほかの貴金属を使用することで、造影目的でのワイヤー用途、その他2種類の金属を複合線とすることで、多用途に使用ができます。

Strands&Cable(ケーブル)
複数のワイヤーを収束させた、複合線化が可能です。
Pt CoredとすることでのX線不透過性に加え、複合撚り線による強度、柔軟性の上昇など、多種多用な特性を実現可能です。
ニッケルチタンの表面処理Light Oxide: 金褐色(茶色) - ダイヤモンドダイス線引き
Dark Oxide: 灰黒色 - ダイヤモンドダイス線引き
Black Oxide: 黒色光沢 - ダイヤモンドダイス線引き
Etch: (E) 化学的、酸化皮膜除去 表面光沢仕上げ。
Pickled: 化学的、酸化皮膜除去 除去工程にて表面も微細に研磨、表面状態は粗い。
EMP:    機械的研磨、酸化皮膜除去、表面状態鏡面仕上げ
  • back
  • 一覧へ戻る
  • next